FC2ブログ

Smile☆Cafe

童話・詩・小説・イラスト・ハンドメイド作品などのオリジナル作品や、お気に入の作品を紹介しています

『ツバキ文具店』 凛とした静けさの中にある幸せ

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
91aS0rGHolL.jpg

静と動。
この作品は間違いなく『静』の物語。
大きな事件も奇妙な主人公も登場しない、
ささやかでつつましやかな日々のお話しです。

舞台は鎌倉の山のふもとにある
古い文具屋『ツバキ文具店』。
店主でありこの物語の主人公でもある鳩子は、
どこにでもいるありふれた人間像として描かれています。

祖母から受け継いだ文具屋で
粛々と商いを行い、ぜいたくすることもなく、
つつがない日々を過ごしているだけ。

ただひとつ、物語に特異性があるとすれば、
文具屋である店主という顔とは別に、
『手紙の代書屋』を主人公が請け負っていることでしょうか。

手紙の代書といっても
送り主に代わって手紙を書くだけではありません。
和食屋のお品書きから、祝儀袋の名前書き、
離婚の報告、絶縁状、借金のお断りの手紙まで。
文字に関することなら大抵のことは承る設定です。

これも祖母から受け継いだ稼業のひとつ。
祖母は既に他界しており、孫である鳩子は
幼少のころからたたき込まれてきた所作や
心構えを記憶からあぶりだすようにして
作業を進めていきます。

手紙を代書するにあたり、
依頼主の想いが伝わる筆跡をイメージし、
それにふさわしい紙、筆記具、
さらにはインクの色などを選ぶ場面が
厳かな儀式であるかのうように描写されています。
これらは全て、送る相手に想いを届けるため。

その佇まいがなんとも美しく、
SNSなどの台頭めざましい現代において、
廃れかけている「手紙」が持つ、
風情なり心意気などを思い出させてくれるのです。

そして代書という稼業を通して繋がっていく縁、
町の人たちとの心の交流。
読み手である私の胸の内にも
温かなものが、ひたひたと満ちていきました。

読み終えたあと・・・・。
無性に手紙が書きたくなって、
万年筆、インク、便せん、封筒などを買いそろえに、
文具屋に赴き、なんだか幸せな気分に浸れました。

50歳をとうに越え、アラカン(アラ還)と呼ばれる世代になると、
こういう、あわあわとした穏やかな暮らし向きが、
最上級のぜいたくに感じられてくるから不思議なものです。

しみじみと味わい深い一冊でした。

『ツバキ文具店】 小川 糸著

お正月の過ごし方

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
coffee-3025022_640.jpg

お正月の過ごし方はずっと変わらない。
外へでることはほとんどなく、年末に買い込んだ本をひたすら読む。
逆にそれ以外はない、という感じ。

ここ数年の悩みとしては、選ぶ本が限られてきたということ。
新しい感性を求めて、特定の作家に固執しないようにしているものの、
結果的に偏ってきてますね。

本を選ぶ基準はいろいろあるけれど、
賞をとっている作品、ベストセラーと評される本は
当然のごとく最初に目に飛び込んできます。
一番わかりやいところに置かれていますしね。

売れている本というのは、
時代の求める世界とかテーマとかがあって、
タイミング的にマッチした作品なのではないかと、
私は勝手に思っていて。
旬の作家は知っておきたいという気持ちもあいまって、
ミーハー的な選び方をすることも多分にあります。

ただ自分が欲しているものは、
単純に多くの人に支持されているという観点より、
作家が放つ独特の匂い。

曖昧で伝わりづらいでしょうけど、
文体であったり行間であったり、
具体的に指摘しがたい隙間にある表現だったりするのです。

ですから物語自体は面白く、読後感も満足いく作品だったとしても、
心に沁みるまではいかないことが多い。

私が居住している町は本屋さんが圧倒的に少なく、
純然たる本屋となるとさらに数が限られてしまいます。
それゆえに、売れ行きがある程度見込まれている本が
必然的に平積みされ、棚のほとんどを占めています。

一時期は携帯小説というものが爆発的な人気を博し、
そういったジャンルで占拠されているときもありました。
今はこういう作風が読まれるのだという参考にはなれど、
読みたいという欲求はわいてこず、買う本に困窮してしまう、
なんてこともしばしば。

そんなときは、旧友のような存在である作家さんの本を
どうしても手に取る機会が増えてきます。
安定、安心、はずれなし、いわばよりどころですね。

私の場合は数人そういう作家さんがいます。
迷ったときは〇〇みたいな。

発想や物語のテーマで新しさを探すのは大変です。
もう既に描きつくされていて、斬新な手法もない。
だからこそ、作家独自の匂いが際立っていないと、
生き残っていけない厳しい世界だと感じます。

とはいえ、単純に笑える、泣ける、面白い、
そんなエンターテイメント性も必要でしょう。
基本的に内向的な私は純文学に偏りがちです。
でもときどき、難しいことを考えず本が持つ楽しさを
味わいたくなるときもあります。

そういう場合に読む作家さんも決まっていて、
なにごとにおいてもバランスが大事だと思ったりします。

体温が低く寒いのが苦手ということもあり、
冬はますます閉じこもりがちです。
大きくはないけれど、懐かしい旧友が待つ本屋に足を運び、
自然と引き寄せられるように数十冊を手に取り、
コーヒーを飲みながらゆるりとページをめくる。

なんでもない日常が愛しくも楽しい時間を過ごしています。

平成最後の元旦に

etonengajouCD_0009.png

あけましておめでとうございます。

昨年末にこのブログを復活し、新しい年にこうして書き始めています。
平成最後のお正月ということを考えると、感慨深いものがありますね。

言葉の魔力とは不思議なものです。
自身の表現力のなさ、発想力の乏しさに落胆して、
創作することをやめてしまったのですけど、
また意欲がわきでてきました。

たくさんの本を読み、多くの作品にふれ、
言葉を内側にしみこませるようにして過ごした数年間。

少しずつ私の中でなにかか膨らんでいき、
心の中を満たしていきました。

思い返せばブログというものを始めたきっかけも、
創作する場所を求めてのこと。

そのときは文章ではなくイラストでした。
ブログを通して実際にお会いできた方もたくさんいて、
懐かしくも素晴らしい想い出です。

好きなことというのは、どうやっても止められないもの。
上手いとか、下手とか、評価など度返しで、
やらずにはいられなくなるんですね。

2019年の干支は『亥』。
まさに前進あるのみ!

頭を空っぽにして、心の衝動にまかせ、
描きたい世界を表現していきたい。

新たな年にこうして目標ができて、
楽しみな一年となりそうです。

日常の中にある言葉たちを拾い集め、
それを静かに紡いでいく。
そんな作業がやはり幸せな時間だと、つくづく感じられる元旦でした。

皆さまにとっても、素晴らしい一年となりますように。

プレバトの俳句にはまってます

haiku.jpg


テレビは基本的に見ない方ですけど、毎週楽しみにしている番組はあります。
そのひとつがダウンタウン浜田さんがMCを務められている『プレバト』です。

芸人、俳優、アスリートにミュージシャン…、
人気芸能人が毎回、才能の有無を判定する簡単なテストにチャレンジし、
プロの専門家が厳しく採点、才能のアリナシをランキング形式で発表する。
という趣旨の番組。

その中でも『俳句』のコーナーがお気に入りです。
たった17音で様々な風景や情景を表現するというところに惹かれます。

芸能人が作った俳句作品を
俳人である夏井いつき先生が添削していくのですけど!
歯に衣着せぬ物言いがこれまた気持ちよいし、
添削前と後の作品の対比がわかりやすく、解説も素晴らしい。

小説や詩を書くことが趣味のひとつにあります。
そんな中、短い文章で表現することの難しさを、
いやというほど思い知らされている私としては、
俳句から学ぶことはすごく多いのです。

ここ数年は言葉で表現していく創作はお休みしていましたけど、
人とのご縁、出会いによってまた意欲がわいてきたのを感じます。

2019年は言葉にこだわった創作を楽しみながらやっていければいいなと
年の終わりに思ったりして・・・・。

苦手意識で損をしてしまうとき

woman-3435842_640.jpg

好きな作家、読みたい本。
年齢や心の状態によって変化していきます。

それとは別に、ずっと苦手意識を持っていて、読まず嫌いをしている場合もありました。
私の場合、感情がそこにくっついていることが多い。
例えば、作家の方のインタビュー記事などを拝見して、
自分と価値観が合わない発言をされていたりすると、シャッターが閉じてしまうのです。

作家の方のプロフィールや個人的な意見が、公な場を通して知ることができる時代。
これをどう捉えるかは人それぞれ。
敢えて言うならば、私は好ましくない方。
知りたくないこともわかってしまうから。

架空の世界を描くフィクション、小説のジャンルである場合はとくに、
夢を与えることが大切で、個人的主張は必要ない、という気持ちが強くあるのです。
作品だけで勝負してほしいというか、メディアに出ることにも好意的ではありません。
あくまで個人的な嗜好としてですけれど。

こういう事情から、あまり好きでなくなってしまった作家さんもいました。
そして作品も読まなくなっていったんですね。

歳を重ねていくうち、人生経験もそれなりに積んでいきます。
そうすると、不思議なのですけど、苦手なものや一度離れたものにも
手を延ばしてみたくなってくることがあります。

で、読んでみると凄く面白い作品が多くて!
なんてもったいないことをしてしまったんだろう、と思いましたね。

これも経験です。
思い込みの恐ろしさ、そしてつまらなさを実感させられました。

本を選ぶことは少しだけ、恋という感情に似ています。
最初はドキドキして気持ちが高揚していきます。
なのに、嫌な一面を目にしてしまったとたんに冷めてしまう。

だけどそれは、ほんの一部にしか過ぎないのです。
嫌な部分がクローズアップされているだけで、
いいところや素敵なところもたくさんあるはず。

皆さんも、こういう経験をされたことはありませんか。