FC2ブログ

平和の祭典

img_769615_12830293_0.jpg

今日は、一弾と寒さの厳しい一日となりました。
全国的には、雪景色のお天気でしょうか。

高知は、山間部では降っているようですが、私が居住する市内は、
雨模様でした。

そんな中、冬季オリンピックのソチが盛り上がってますね。
仕事に支障がでないよう、ギリギリまで起きてテレビ観戦しています。
毎日、テレビの前に釘付けで、少々寝不足気味。

フィギュアの羽生選手のショートプログラム。
本当に素晴らしかったですね。

とても美しいジャンプに、柔らかなスピン。
そして、何よりチャーミング♪

歴代最高得点の100点超えも納得の演技でした。
勿論、高橋選手も足の故障から、オリンピックまで調整期間が
短かったでしょうに、それを感じさせない演技内容で、
流石という感じがしました。

町田選手もまだまだ、メダルを狙える位置につけています。
日本選手3人とも、がんばってほしいですね。

明日は仕事もお休みなので、リアルタイムで応援したいと思ってます。


それから、朝のニュースでクロスカントリーの感動的な映像が
流れていました。

地元ロシアの選手が途中で転倒。
起き上がって、ゴールを目指そうとするも、スキー板が破損していて、
バランスが取れず、再び転倒・・・・。
それでも、最後までゴールしようと、何度も何度も立ち上がる
その選手の姿に、胸が熱くなりました。

そしてそれ以上に、感動したのは、その様子を見ていた、
ライバルチームであるカナダのコーチが、新しいスキー板を持って、
彼の元に駆け寄ったシーン。

そのコーチは、スキー板を交換してあげて、
ロシア選手は最後まで滑り切ることができたのです。

転倒しても、ゴールを諦めなかった選手にも、
他国の選手に手を差しのべたコーチにも、
思わず拍手!! でした。

オリンピックはもともと平和の祭典です。
競技を争うだけのものではありません。
ふたりの姿に、改めてオリンピックの素晴らしさと、
意義を考えさせられましたね。

競技している選手は結果だけだと思うかもしれませんが、
勝負より大切なことがある。
この映像を見て、何かを感じた方も多かったはず。

勝つことだけが全てじゃない。
そう教えられた気がしました。

やっぱり、オリンピックはいいですね。


スポンサーサイト

2 Comments

根岸冬生  

勝つために頑張っている中で
勝つことを超えて敵と味方さえ支え合う姿は
感動しますね。

2014/02/16 (Sun) 09:58 | REPLY |   

smile-one  

根岸さんへ

>根岸さん

訪問&コメントありがとうございます。
選手はこの一瞬のために、人生をかけてきたことを、
他国とはいえ、誰よりもわかっていたのでしょうね。

本当に感動しました。

2014/02/16 (Sun) 16:32 | REPLY |   

Leave a comment