Smile☆Cafe

童話・詩・小説・イラスト・ハンドメイド作品などのオリジナル作品や、お気に入の作品を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


ようこそ!! Smile☆Cafeへ

当サイトは、自作のイラストやハンドメイド作品をはじめ、
お友だちの文芸作品などを紹介していくブログです。

様々な創作を通じて、作品を創る方も、見てくださる方も、
笑顔になれる場所になれればとの思いから、立ち上げました。
    
気軽にお茶でも飲みながら、お気に入の作品を眺める
カフェをイメージしてほっと和める空間を演出していきます。
どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

  管理人:smile-one


応援していただけると、嬉しいです。
    ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日々は妄想して過ぎゆく

  hanebasiura.jpg
    
      日頃、ぼーっとしていることが多い。
      時間はゆったりと流れ、
      風景がスローモーションのように映る。

      すれ違う老婆の姿を目で追いながら、
      この人は、どんな人生を歩んで来たんだろう。
      そんなことを、とりとめもなく考えてしまう。

      背中は曲り、白髪が目立つ髪の毛。
      顔には無数の皺が刻まれている。
      だけど、昔はそうじゃなかったはず。

      溌剌とした美人だったかもしれない。
      ナイスなバディで男たちを虜にしていたかもしれない。
      頭脳明晰な才女だったかも・・・・・。
      

      たくさんの、「かもしれない」が生まれてくる。
      そうしているうち、ひとつのストーリーが浮かび上がるのだ。

      セピアに染まった黄昏どきの交差点。
      彼女は信号待ちで足止めをされていた。
      その向こう側では、一人の男性が待っている。
      
      信号が青になり、彼女は横断歩道に足を踏み出す。
      と、同時に男性も歩を進めた。
      ふたりの過去に接点はなく、すれ違うだけの関係。
      だったはずが・・・・。

      想像は膨らむ。

      そんなこんなを繰り返しているうち、私は目的地を、
      通り過ぎてしまうのだ。

      今、この記事を書きながらも脳内では、別の妄想が広がっている。

      眠りにつき朝を迎える頃、枕もとでは小人たちが、
      「もうすぐ時間ですよ。現実に戻って下さい。夢はここまで」
      と、甲高い声で叫んでいるに違いない。


           2009.2(備忘録より抜粋) 
           photo:kirara
           文:smile-one


006.gif

【作者のひとこと】
私は迷子になる才能を持ち得ている。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

| エッセイ | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://smileseed2.blog.fc2.com/tb.php/10-6b1f6d6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。