Smile☆Cafe

童話・詩・小説・イラスト・ハンドメイド作品などのオリジナル作品や、お気に入の作品を紹介しています


ようこそ!! Smile☆Cafeへ

当サイトは、自作のイラストやハンドメイド作品をはじめ、
お友だちの文芸作品などを紹介していくブログです。

様々な創作を通じて、作品を創る方も、見てくださる方も、
笑顔になれる場所になれればとの思いから、立ち上げました。
    
気軽にお茶でも飲みながら、お気に入の作品を眺める
カフェをイメージしてほっと和める空間を演出していきます。
どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

  管理人:smile-one


応援していただけると、嬉しいです。
    ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最高の輝き

2014img-7.jpg

貴方の笑顔が、最高の贈りもの
そして、最高の輝き・・・・・。

-------------------------------------------------

フィギュアスケート女子、フリープログラム。
浅田真央選手の演技が、とても素晴しく、感動をもらいました。

ショートプログラムでまさかの16位発進。
真央ちゃん自身も相当ショックだったことでしょう。

演技終了から、インタビューまで放心状態で、
見ている私も胸が痛くなりました。

そこから、気持ちを立て直すことがどれほど難しかったことか、
私たちには計り知ることもできません。

そして、臨んだフリーの演技。
圧巻でした。
技術や得点など、そんなものを超越した無我の境地の美しさ。

演技を終えて、思わず天を仰ぎ涙をこらえ、見せてくれた笑顔。
その笑顔が、ファンにとっては最高の贈り物でした。

4年に一度のオリンピックという大舞台に、人生をかけて努力してきた
選手たち。

そこまでの道のりは果てしないのに、結果は一瞬です。
誰もがメダルを取るために、練習を積んできたし、
色んなものを犠牲にしてきているはず。

ですが、メダルを与えれるのは3人だけです。
しかも、金・銀・銅。
メダルの色で価値が違ってくるのも現実でしょう。

だけど、今回の真央ちゃんの演技は、
全世界の人たちの記憶に残ったと思います。

そこには、ストーリーがあり、彼女が賭けてきた人生すべてが
詰まっていたからです。

本人もインタビューで言っていましたが、
ショートでの結果があったからこそ、何もかも超越して純粋に自分の演技に
集中できたのでしょうね。

真央ちゃんだけでなく、全ての選手に言えることですが、
ここまで努力してきたことは、決して無駄にはならないということです。

応援している人たちにとって、メダルよりもその選手がどれだけ輝けるか、
自分の納得の演技ができるか、そのことの方が大切。

モーグルの上村選手も、メダルに手が届かなかったものの、
最高の演技ができたと、清々しい笑顔を見せてくれました。
彼女の笑顔も最高に輝いてみえました。

本当に、感動をありがとう。
あなたたちの笑顔が、最高の贈り物です。

心から拍手を送ります。


スポンサーサイト

| つぶやき | 17:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度はミニマルシェバッグ

IMG_2775.jpg
IMG_2778.jpg

ミニシューズに続いて、今度は大量にミニマルシェバッグを編み編み中。
こんなに作ってどうするんだろうって、感じです(笑)

プレゼント企画にでもしようかな・・・・。
欲しい方がいれば、の話ですけれど。

| ハンドメイド | 17:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メダルの重み

2014img-6.jpg

週末のソチオリンピックは、日本人のメダルラッシュで大興奮です。

フィギュアスケートの男子フリーは、最後までリアルタイムで見ていました。
おかげで、少し寝不足気味に(笑)
でも、メダル獲得の瞬間を見ることができて、嬉しかったですね♪

前回の記事で、勝ち負けではないと書いたものの、
選手たちはこの瞬間に人生をかけてきたのですから、
やはり、メダル獲得できるかどうか、メダルも金と銀・銅では重みが違うのでしょう。

羽生選手は金メダルこそ獲得しましたが、
ジャンプなどのミスがあり、演技としては満足していない様子でした。
アスリートとしての誇りみたいなものを、若いのに感じさせられました。

葛西選手は、悲願のメダル獲得です。
おめでとう、と心から拍手喝采。
こちらも、ご本人はあと少しで金メダルという位置にいたこともあり、
複雑な心境のようでしたが、堂々の銀メダルだと思います。

何事もはじめるのは簡単ですが、継続するのは難しい(>_<)
しかも、葛西選手は第一線でずっと活躍されています。
それだけでも、素晴らしい業績だと、称えることができますよね。

まさにレジェンドです(*゚▽゚*)

オリンピックは選手だけでなく、見ている方もドキドキ、ハラハラ
泣いたり、笑ったり、と大忙し!!
感動を与えてくれる選手全員に、心のメダルをあげたいものです。


まだまだ、ソチオリンピックは続いています。
テレビ観戦ではありますが、せいいっぱい応援したいと思っています。

そして、寝不足の日々はまだまだ続きそうです。

| つぶやき | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平和の祭典

img_769615_12830293_0.jpg

今日は、一弾と寒さの厳しい一日となりました。
全国的には、雪景色のお天気でしょうか。

高知は、山間部では降っているようですが、私が居住する市内は、
雨模様でした。

そんな中、冬季オリンピックのソチが盛り上がってますね。
仕事に支障がでないよう、ギリギリまで起きてテレビ観戦しています。
毎日、テレビの前に釘付けで、少々寝不足気味。

フィギュアの羽生選手のショートプログラム。
本当に素晴らしかったですね。

とても美しいジャンプに、柔らかなスピン。
そして、何よりチャーミング♪

歴代最高得点の100点超えも納得の演技でした。
勿論、高橋選手も足の故障から、オリンピックまで調整期間が
短かったでしょうに、それを感じさせない演技内容で、
流石という感じがしました。

町田選手もまだまだ、メダルを狙える位置につけています。
日本選手3人とも、がんばってほしいですね。

明日は仕事もお休みなので、リアルタイムで応援したいと思ってます。


それから、朝のニュースでクロスカントリーの感動的な映像が
流れていました。

地元ロシアの選手が途中で転倒。
起き上がって、ゴールを目指そうとするも、スキー板が破損していて、
バランスが取れず、再び転倒・・・・。
それでも、最後までゴールしようと、何度も何度も立ち上がる
その選手の姿に、胸が熱くなりました。

そしてそれ以上に、感動したのは、その様子を見ていた、
ライバルチームであるカナダのコーチが、新しいスキー板を持って、
彼の元に駆け寄ったシーン。

そのコーチは、スキー板を交換してあげて、
ロシア選手は最後まで滑り切ることができたのです。

転倒しても、ゴールを諦めなかった選手にも、
他国の選手に手を差しのべたコーチにも、
思わず拍手!! でした。

オリンピックはもともと平和の祭典です。
競技を争うだけのものではありません。
ふたりの姿に、改めてオリンピックの素晴らしさと、
意義を考えさせられましたね。

競技している選手は結果だけだと思うかもしれませんが、
勝負より大切なことがある。
この映像を見て、何かを感じた方も多かったはず。

勝つことだけが全てじゃない。
そう教えられた気がしました。

やっぱり、オリンピックはいいですね。


| つぶやき | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014img-5.jpg


今の寒さの先に、彩も鮮やかな春が待っている

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私がイラストを描くときは、必ずそこに誰かへの想いだったり、
祈りだったり、願いがある瞬間です。

ですが、今日は自分の心を静かに、そして穏やかに落ち着かせるため、
描いてみました。

誰かの心にも、春が訪れますよう・・・・に。

| イラスト | 21:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スランプ?

IMG_2808.jpg

今年に入ってから、ハンドメイド制作がスランプ気味です。
新作のアイディアが全く浮かびません(>_<)

でも、編む作業自体は楽しいので、ミニチュアシューズの、
バッグチャームを大量に制作しました。


今回は、私にしてはビビットカラーも入れて、カラフルな取り合わせとなってます。
しばらくは、こんな状態が続きそうです。




| ハンドメイド | 03:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

父親の災難

じいや

かなりご高齢の我が家の父が、肋骨を折ってしまいました。
現場でスッテンころりんと転んでしまったそうで!

歳をとると、自分が思っているより足が上がっていないもの。
ですから、ちょっとした段差でも、つまづくようになります。

転んだとき、咄嗟に手が出たのは、取り敢えず良かった。
でも、その手が物凄く腫れていて、見たとき、手の骨は確実に折れてる、
と家族全員思ったのですが、そちらは打撲ということでした。
「はあ、痛い」と呻きつつも、仕事には行っております。

さらに、風邪をひきこんでしまい、咳をしたいけど、
肋骨が痛いからくしゃみを我慢しているので、ストレスがいっぱいって感じです。
鼻水がたれてくるからと、
鼻の穴にティッシュを詰め込んでおります。

災難続きで何とも哀れな父ですが、
その姿が妙におかしくて、家族に笑われている始末。

最後は、本人も笑うしかないようで、
「痛い」と言いながら、苦笑いしています。

悪いことが起きても、たいていのことは、
笑っとけば済みますね。

生きているだけで丸儲けの、我が家です。

| つぶやき | 14:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

始動

2014img-4.jpg


何かが動き始める・・・・そんな予感。

| イラスト | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。