Smile☆Cafe

童話・詩・小説・イラスト・ハンドメイド作品などのオリジナル作品や、お気に入の作品を紹介しています


ようこそ!! Smile☆Cafeへ

当サイトは、自作のイラストやハンドメイド作品をはじめ、
お友だちの文芸作品などを紹介していくブログです。

様々な創作を通じて、作品を創る方も、見てくださる方も、
笑顔になれる場所になれればとの思いから、立ち上げました。
    
気軽にお茶でも飲みながら、お気に入の作品を眺める
カフェをイメージしてほっと和める空間を演出していきます。
どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

  管理人:smile-one


応援していただけると、嬉しいです。
    ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

次の日ケロリ

311T9WCH5RL.jpg

【店主のおすすめ】

ゆるキャラという言葉が、最近流行っています。
ご当地をアピールするキャラクターとして、作られたものですね。

本日ご紹介する本は、このゆるキャラと同じような感覚かもしれません。
ケロリというキャラクターが、ポロリと呟く言葉に、
癒されたり、励まされり、或いは、勇気をもらったりします。

こういった本を読むようになったのは、
疲労が溜まって、ストレスを抱えていた頃のような
気がします。

本好きな私でも、心が疲弊しているときに、
長文を読むのは結構、骨が折れるものです。
しかも、読んでも、読んでも、頭に入ってきません。

何にも考えないで、ページをめくれる本。
文章を読むのではなく、見るような本。
とにかく、単純でほっと出来る本を、求めていたのでしょうね。


嫌なことがあっても、ま、いいっか!
ケロリの口癖です。

ま、いいっか! と気持ちを切り替え、
明日という日を迎える準備ができますよ。


今でも私は、何かにつまずいたり、
仕事でミスをした日などに、読むことにしています。

そうすると、大丈夫! 明日はきっといいことがある、
そう思えてくるから不思議ですよね。



応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

| | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がんばりすぎてしまう、あなたへ

book2.jpg

【店主のおすすめ】

以前、心理学に興味を持っていたころに、読んでいた本です。
著者の宇佐美百合子さんは、心理学カウンセラーで、
テレビ出演などもされていました。

一生懸命がんばっているのに、評価されない、わかってもらえない。
そういうことって、誰もが抱いている悩みですよね。

そういうときにどうすればよいのか?
この本には、ヒントが沢山ちりばめられています。

読み終わると、重い荷物を降ろしたときみたいに、
心がすっと軽くなることでしょう。

わかりやすい言葉で書かれていますから、
文章を読むのが苦手な方でも、大丈夫です。

添えられているイラストも、温かい雰囲気で、
見ているとすごく癒されます。

ちょっと疲れたとき、ストレスを感じたときなどに、
おすすめの1冊です。





応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きと嫌い

「好きと嫌い」


子供の頃 犬に吠えられてから
私は 犬が 大の苦手


どの顔 見ても
吠える 噛みつく 食べる 寝る 

そうよ!
犬は どれも みんな 同じ! 


散歩で 犬が やってきたら 
道の反対に さっと 渡り

後ろから はあはあ やってきたら
振り向くことも できず
早く あっちへ行って!と 願うばかり


子供の頃から
近寄れない 見れない 触れない
犬との 長い 遠距離関係


そんな犬と 突然 暮らしはじめ
犬にだって 
嬉しい 楽しい 悲しい 悔しい
いろんな心が いっぱい いっぱい あるって
知れば 知るほど
犬が どんどん 好きになっていきました


スズメだって カラスだって
みんな 同じ 顔してさ
みんな 同じ 声してさ
だけど ・・・


嬉しい 楽しい 悲しい 悔しい
スズメにだって カラスにだって
いろんな 毎日があって
たくさんの 心が あるのかもしれない


知らないから 怖くて 
知らないから 嫌いで
知ろうとしないから 興味が無くて
いったん 知りはじめると 
好きになってきたりもする


作:白鳥鈴奈

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】
好きと嫌いの間には、大きな隔たりがあるようで、
案外、近かったりします。
どちらかというと苦手だった人の、知らなかった部分を見て、
ああ、こんな素敵な人だったんだと、気づかされることもあります。

白鳥鈴奈さんは、難しい言葉ではなく、
語りかけるように、或いは歌うように、言葉を紡ぐ詩人ですね。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

辿る道を

nekoasi.jpg

         他人がつけた足跡は

         いともたやすく見つけることが出来るのに


         自分自身のつけた足跡は
 
         振り返らないと見ることができない


         振り返ることが怖くて

         ひたすら前を向いているボク


         だけど・・・


         前を向いているからこそ

         見えることがある

         
                
         キミが歩んでいる道が
    
         今は どんなに厳しい道だとしても

     
         その道の先に待っている

         幸せな結末が



         ボクには見えているよ



         だから 

         大丈夫・・・・・。


         きっと

         間違って・・・ない


         2009.2制作
         Photo:kirara
         詩:smile-one

   006.gif

   【作者のひとこと】

    人生の岐路に立たされたとき、必ず迷う。
    この道でいいのか。
    選んだ道は間違ってないのか。

    そのつど、こう考えることにしている。

    どの道を選んだとしてもそれが人生。
    きっと、間違いなどないのだ。
    自分を信じてみよう。

    ・・・・と。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電子書籍にはまってます

51xKEuSee-L._AA300_PIkin4,BottomRight,0,-22_AA300_SH20_OU09_

ここのところ、電子書籍にはまってます。
私が購入するのは主に、絵本や写真集などです。

iphoneでみるには、文字が多い文章中心の小説や
教養本の類は、目が疲れてしまうため、ちょっと敬遠してしまいます。

今回購入したのは、「まーたんとおつきさま」の絵を描かれた方の、
絵本です。

--以下、アマゾンの内容紹介より抜粋--

「こんにちは。 さみしいこころ くださいな」
闇の中の静かな部屋、様々な色の様々な形の心のならぶ、こころや。
いろいろなことが起こる毎日の中、あなたの心は今何色で、何を感じていますか?
静かなひとときを過ごされる、大人の方にもお届けしたい作品です。



私はまったく絵を描くことができないので、
絵本作家さんに憧れます。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





| 電子書籍 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電子書籍「まーたんとおつきさま」

book.jpg

遅ればせながら、電子書籍というものを、初購入してみました。
といっても、結構前になりますが(*^_^*)

記念すべき、初購入書籍は、お友だちがお話を書いた
「まーたんとおつきさま」という絵本です。
(右サイドにバナーがあります)
作家名、白鳥 鈴奈(しらとり れいな)さんがそのお友だち。

これまで、詩作品ばかりを、紹介してきましたが、
童話もたくさん書かれています。
自然や動物をモチーフに、ほのぼのとした、作品が多いですよ。
読んだあとは、思わずほっこり、心が温まります。

この「まーたんとおつきさま」も、私のお気に入り作品のひとつ。
何といっても、くまの”まーたん”が、ちょっとおとぼけ天然キャラなんです。
それがまた、可愛くて、愛しくて、クスリと笑ってしまいます。

白鳥鈴奈さんのサイトはコチラから→時のメロティー

お話のイメージにぴったり合った、絵を描いている方は、
白鳥鈴奈さんのお友だちだそうです。
表紙のまーたん、とっても可愛いですよね。

私が書いたレビューも商品詳細ページにありますから、
お気軽に、のぞいてみてくださいね。

ipadやダブレット型端末など、専用機器がなくても、
iphoneやAndroidのスマホがあれば、見ることができます。

kindleアプリというものが入ってない方は、
まずアプリをダウンロードしてくださいね。

kindleと検索すれば、出てきますよ。
最初、私もダウロードするのに、戸惑いましたが、
やってみると、案外簡単でした。

もし、方法がわからなければ、
お気軽にコメント欄にお問い合わせメッセージを
入れてください。

アマゾンのページには下記のバナーからどうぞ。




応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



| 電子書籍 | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過不足

img_1278970_29883891_0.jpg

            ありきたりの風景なのに

            いつも目にしている場所なのに

            何故だか涙が 溢れて止まらない


            夕に染まりゆく空の色が

            寂しいから・・・・

            遠吠えをする犬の鳴き声が

            切ないから・・・・


            理由を見つけようとしてみたけれど

            探せなくて途方に暮れる


            だけど 本当は気づいているんだ

            
            目に映る事象は過不足ないのに

            決定的に欠けているものがある




            その何かを 




            ボクは

            

            
            ・・・・知っているんだ 


            



              photo:kau
              詩:smile-one


006.gif

【作者のひとこと】
大切なものは目には見えない。
だけど、確かに感じる何かがある。



応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨がやんだら

「雨がやんだら」


雨がやんだら でかけるとしよう
身支度を整えて
夢をカバンに詰め込んで
前だけ向いて
歩きだすことにしよう


振り向いちゃいけない
立ち止まっちゃいけない


勇気を持って

自分を信じて


雨がやんだら でかけるとしよう
近頃やけに降り続く
僕だけに降り続く
心の雨がやんだなら
黙ってそっと でかけるとしよう



新しい心で
新しい自分で


詩集「こころのいと」より  作:JUNC

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】
やまない雨がないように、どんなに辛く哀しいことも、永遠には続かない。
きっと希望という光が射す日がくる。
そう信じることで、人は前に進んでいける気がします。
さあ、雨がやんだらでかけましょう。
夢を入れたカバンを持って。


JUNCさんの詩集「こころのいと」から、詩を3編ご紹介させていただきました。
かなしいとき、切ないとき、そっとこころに語りかけてくれる言葉たちが、
他にも沢山この本の中に収められています。
是非、手に取って実際、読んでみてください。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

象の時間

「象の時間」



多くの物を欲しがって

息切れしながら

いろんなことを同時にしながら

頭のメモ帳は スケジュールがぎっしりで

忙ししいと言うのが ステータスのように


そうやって 追われながら

無理して走り続けて

目的のゴールまで ばてないで

たどり着けるのかなあ

その目的さえも わからないままに



時には、

アフリカの大草原にいる

ゾウのように

のっしり のっしりと

ゾウの時間で

過ごしてみたら

自然の中で生きているっていうだけで

どんなに素晴らしいってこと

わかるのかなあ・・・



作:白鳥鈴奈

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】
「象の時間」というタイトルが好きです。
何かしらの物語を連想させてくれますよね。
生活に追われて余裕がない毎日。
象の時間はきっと、ゆったりと、そしてゆっくり流れているんでしょう。
この詩を読んだあとは、何だかのんびりしたくなります(*^_^*)



応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日々は妄想して過ぎゆく

  hanebasiura.jpg
    
      日頃、ぼーっとしていることが多い。
      時間はゆったりと流れ、
      風景がスローモーションのように映る。

      すれ違う老婆の姿を目で追いながら、
      この人は、どんな人生を歩んで来たんだろう。
      そんなことを、とりとめもなく考えてしまう。

      背中は曲り、白髪が目立つ髪の毛。
      顔には無数の皺が刻まれている。
      だけど、昔はそうじゃなかったはず。

      溌剌とした美人だったかもしれない。
      ナイスなバディで男たちを虜にしていたかもしれない。
      頭脳明晰な才女だったかも・・・・・。
      

      たくさんの、「かもしれない」が生まれてくる。
      そうしているうち、ひとつのストーリーが浮かび上がるのだ。

      セピアに染まった黄昏どきの交差点。
      彼女は信号待ちで足止めをされていた。
      その向こう側では、一人の男性が待っている。
      
      信号が青になり、彼女は横断歩道に足を踏み出す。
      と、同時に男性も歩を進めた。
      ふたりの過去に接点はなく、すれ違うだけの関係。
      だったはずが・・・・。

      想像は膨らむ。

      そんなこんなを繰り返しているうち、私は目的地を、
      通り過ぎてしまうのだ。

      今、この記事を書きながらも脳内では、別の妄想が広がっている。

      眠りにつき朝を迎える頃、枕もとでは小人たちが、
      「もうすぐ時間ですよ。現実に戻って下さい。夢はここまで」
      と、甲高い声で叫んでいるに違いない。


           2009.2(備忘録より抜粋) 
           photo:kirara
           文:smile-one


006.gif

【作者のひとこと】
私は迷子になる才能を持ち得ている。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| エッセイ | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そんなパウダー

「そんなパウダー」


パラパラと
ふりかけたら
誰でも
簡単に元気になれちゃう
そんなパウダーが
あればいいのに


あの人にも
この人にも
草にも
木にも
僕にも
地球にも


ふりかけただけで

みんなみんな



あっというまに



元気になれたらいいのに




詩集「こころのいと」より  作:JUNC

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】
本当に、そんなパウダーがあればいいのに。
思わず呟いてしまいました。
パウダーの代わりに、この詩をお届けします。
みんな元気になあれ。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねこじゃらし

「ねこじゃらし」


ねこじゃらし ねこじゃらし
庭にわんさか 生えてる ねこじゃらし
いつか 抜いてやろう ねこじゃらし



雨にぬれた日 青くきれいな ねこじゃらし
猫を こちょこちょした ねこじゃらし
あの子も こちょこちょした ねこじゃらし


草抜き 今日こそ 抜いてやった ねこじゃらし
なぜか 花瓶の中に 入ってる ねこじゃらし
花と一緒に はいってる ねこじゃらし
気どった顔して 入ってる ねこじゃらし


(2009.10.16)作:白鳥鈴奈

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】
まるで鼻歌のような軽快なリズムで綴られた詩。
思わずメロディーをつけて、口ずさみたくなります♪
昔はねこじゃらしがいっぱい生えた原っぱがたくさんあったのを、
思い出しました。



応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寂しさに抱かれて

 
resize4682.jpg

         

          何故だろう。
          寂しさの中に、安らぎを感じることが多いのは。

          それは、きっと。
          ボクの心の中に、寂しさがすっぽり嵌る
          湖があるからに違いない。

          幼いころから感じてた。
          ボクのハートには、穴ぼこがある。
          それは、どうやっても埋められないものなのだ。
          穴ぼこを埋めようともがいた時期もあった。
          だけど、今は。
          埋まらないものに固執するよりも、
          そこに寄り添う新しい何かを見つけることが、
          大切なんだって気づいた。

          その穴ぼこを注視して、現実から目をそらさずに、
          生きることも必要だって、思えるようにもなった。

          寂しさに抱かれて、そんなことを逡巡している中、
          ボクは、その樹と出会った。
          

          春だというのに、寂しげに佇む樹。
          視線を外すことが出来なくて、
          その場に暫く、立ちすくんでいた。

          陽気に歌うような小鳥の姿も、
          抜けるように青い空も、
          華やかな彩もない風景。

          季節においてけぼりを食らったように、
          所在なげに存在している樹・・・・。

          思わず抱きしめて、頬ずりをしたくなった。
          「いつでもそこにいるんだね」
          寡黙と静寂の中で、ひっそりとボクらを見守っているキミに、
          そう声をかけてみる。

          勿論、自らを主張しないキミだから、
          何の返事もなかったけれど、
          ボクは確かに感じた。
          密やかだけれど、キミの呼吸する音を。
          「生きているよ。ただ、ここで生きているよ」

          ボクには、そう聞こえたんだ。

          寂しいって感情は、ときに愛おしいものだったりする。
          涙を流して、誰かにすがることは、
          決して悪いことじゃない。


          そんな気がした、ある日の夕暮れに、
          ボクは子どものように泣いた。

              photo:kau
              詩:smile-one


006.gif

【作者のひとこと】
泣くという行為は 溜まった澱を洗い流してくれる



応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「糸」


この頃の僕は

人は
独人では無いんだなと
しみじみ感じているところ

みえない糸が
身体中から伸びていて
たぐり寄せていくと
沢山のつながりを
知ることになる

がんじがらめとか
そいうのじゃなく

安心感というものが
しっかり繋がっている

そういう感じ

いつもはみえないんだけど
どの人もみんな
いろんな糸を作り出しながら
いろんな糸をたぐり寄せながら
生きているんだ

僕らはみんな

独りぼっちじゃないんだよ

  
詩集「こころのいと」より  作:JUNC

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】

good book出版のコンテストで最優秀新人賞作品となった詩集の中の一篇です。
最後の「独りぼっちじゃないんだよ」という言葉に、優しさがぎゅっと詰まっています。
人はみんな、誰かに支えられたり、誰かを支えたりしながら、繋がっているもの。
あなたの糸はどこに繋がっているのでしょう。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。