Smile☆Cafe

童話・詩・小説・イラスト・ハンドメイド作品などのオリジナル作品や、お気に入の作品を紹介しています


ようこそ!! Smile☆Cafeへ

当サイトは、自作のイラストやハンドメイド作品をはじめ、
お友だちの文芸作品などを紹介していくブログです。

様々な創作を通じて、作品を創る方も、見てくださる方も、
笑顔になれる場所になれればとの思いから、立ち上げました。
    
気軽にお茶でも飲みながら、お気に入の作品を眺める
カフェをイメージしてほっと和める空間を演出していきます。
どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

  管理人:smile-one


応援していただけると、嬉しいです。
    ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来へ延びる

  img_1278970_28989525_0.jpg
                
                   いつか

                   きっと


                   触手を 延ばし

                   願いを 託す



                   想いよ

                   とどけ


                   本物に なれる日が

                   かならず




                   ・・・・来る

                   2009.1制作
                   Photo:kirara
                   詩:smile-one

   006.gif

           【作者のひとこと】


           人生には表と裏、光と影が存在する。
           だけど。
           裏があるから表が、影があるから光が生きてくる。

           みんなが主役なのだ。




応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



          
スポンサーサイト

| | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さなあなたたち

       『小さなあなたたち』
    

       人差し指ほどの あなたたち
       覗きこむ 私の体が きっと
       大きな 怪獣のようにでも 映るのでしょうか
    
       人差し指ほどの あなたたち
       さっとひく カーテンの音が きっと
       とどろき響く 雷のように 聴こえるのでしょうか
  
       人指し指ほどの あなたたち
       急に動く 私の動作が きっと
       急発進でもする 車のように 感じるのでしょうか
   
       ちょっとしたことで はっと驚く
       小さな 小さな あなたたち
   
       同じ空間にいながら
       住む世界の 大きさも 感じ方も 能力も
       私とは違う あなたたち
    
       生きている 世界の
       スピードが違う あなたたち


      *あなたたち=飼っている小鳥


       詩:白鳥鈴奈


※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】

人は誰しも、自分を基準にして物事を考えています。
でも、小さな動物たちに目に、人間はどのように映っているのでしょうね。
一度、聞いてみたい気がします。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追憶

6284408_4279185457.jpg


        空間いっぱいに

        雲が寄り添い 表情が描かれる

     
        今見ている空は

        次の瞬間 消え去って


        刹那の記憶を刻んでゆく


        ボクはそんな風に

        誰かに 想いを残せるだろうか



        記憶の中に 生きることが


        できるだろうか・・・・


        2009.2制作
        Photo:kirara
        詩:smile-one

   006.gif

   【作者のひとこと】
   今、この一瞬を生きる。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


| | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きと嫌い

「好きと嫌い」


子供の頃 犬に吠えられてから
私は 犬が 大の苦手


どの顔 見ても
吠える 噛みつく 食べる 寝る 

そうよ!
犬は どれも みんな 同じ! 


散歩で 犬が やってきたら 
道の反対に さっと 渡り

後ろから はあはあ やってきたら
振り向くことも できず
早く あっちへ行って!と 願うばかり


子供の頃から
近寄れない 見れない 触れない
犬との 長い 遠距離関係


そんな犬と 突然 暮らしはじめ
犬にだって 
嬉しい 楽しい 悲しい 悔しい
いろんな心が いっぱい いっぱい あるって
知れば 知るほど
犬が どんどん 好きになっていきました


スズメだって カラスだって
みんな 同じ 顔してさ
みんな 同じ 声してさ
だけど ・・・


嬉しい 楽しい 悲しい 悔しい
スズメにだって カラスにだって
いろんな 毎日があって
たくさんの 心が あるのかもしれない


知らないから 怖くて 
知らないから 嫌いで
知ろうとしないから 興味が無くて
いったん 知りはじめると 
好きになってきたりもする


作:白鳥鈴奈

※この作品は作者の許可を得て掲載しています。
 無断での複製・転載・使用を禁止いたします。


006.gif

【店主のひとこと】
好きと嫌いの間には、大きな隔たりがあるようで、
案外、近かったりします。
どちらかというと苦手だった人の、知らなかった部分を見て、
ああ、こんな素敵な人だったんだと、気づかされることもあります。

白鳥鈴奈さんは、難しい言葉ではなく、
語りかけるように、或いは歌うように、言葉を紡ぐ詩人ですね。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

辿る道を

nekoasi.jpg

         他人がつけた足跡は

         いともたやすく見つけることが出来るのに


         自分自身のつけた足跡は
 
         振り返らないと見ることができない


         振り返ることが怖くて

         ひたすら前を向いているボク


         だけど・・・


         前を向いているからこそ

         見えることがある

         
                
         キミが歩んでいる道が
    
         今は どんなに厳しい道だとしても

     
         その道の先に待っている

         幸せな結末が



         ボクには見えているよ



         だから 

         大丈夫・・・・・。


         きっと

         間違って・・・ない


         2009.2制作
         Photo:kirara
         詩:smile-one

   006.gif

   【作者のひとこと】

    人生の岐路に立たされたとき、必ず迷う。
    この道でいいのか。
    選んだ道は間違ってないのか。

    そのつど、こう考えることにしている。

    どの道を選んだとしてもそれが人生。
    きっと、間違いなどないのだ。
    自分を信じてみよう。

    ・・・・と。


応援していただけると、嬉しいです。
      ↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。